はじめに

地震大国といわれる日本。
しかし、災害は地震だけではありません。
地震や津波、土石流などの自然災害だけでなく、人災というものもあるのです。
そういった災害から、大切な人や大事な財産を守る手段が、何もないというわけではありません。     
防災といっても、自治体による行政機関が行うものから、隣近所で取り組むもの、個人が自宅で行えるものなど様々な防災対策があります。     
ですが、難しく考えることはありません。防犯は身近な、出来ることからはじめてみてください。
”備えあれば憂いなし”という言葉が示すとおりに、災害に備え事前に準備しておくということが、何よりも大切なことなのです。     
このサイトでは、個人で出来る、身近な防災対策についてご紹介します。

皆様のお役に立てれば幸いです。

防犯マニュアルContents

非常食の備蓄

3日間しのげば、助けが来る。そんな言葉を聞いたことはありませんか?

日本で震災にあったときは、3日あれば被災地まで救助援助が届くといわれていました。

防寒対策

震災時など、災害を免れて食事が出来て安全を確保していても、場所や状況により寒さ対策が必要になってきます。

非常持ち出し袋

災害時などの緊急非難時に持ち出す、最低限必要な物が詰まったバックや袋を用意されている方もいらっしゃると思いますが、中には何が入ってますか?

非常持ち出し袋(その2)

市販のセットになった非常持ち出し袋などを購入した場合、必ず中身を確認して、使用して差し支えないものであれば、すぐに使ってみてください。

都市部の震災対策

震災時に、特に都心部の野外に居た場合には、頭上にも気をつける必要があります。地震の揺れにより、看板などが落下してくることがあるからです。

生活用水の確保

災害時に水道やガスなどの生活用パイプラインが断たれた場合に、問題となるのが水の確保です。

 

 

WebRanking!!

○○○の情報をもっと探すなら以下のサイトがお奨めです☆